サラリーマン川柳が今年も始まるよ!

February 23, 2016

|

今年もやってきました、サラリーマン川柳の季節です。

サラリーマンの悲哀が現れていて相変わらず面白いですね。

 

 

第一生命のHPではすでに100句まで絞られていて、
この中から投票して1位を決めます。

 

■サラリーマン川柳とは

 

毎年なんとなーく見ているサラリーマン川柳。実は第一生命が1987年にスタートし、今年で29回目を数える言ってみれば川柳会の芥川賞的存在です。

サラリーマン川柳と言っていますが、応募できるのはサラリーマンだけではなく、学生や主婦、OL、ニートの方も応募できます。

これまでなんと104万句も応募されており、時代や世相を反映する鏡として親しまれています。

 

 

そんなサラリーマン川柳、今年のノミネートから筆者が共感できるものを抜粋。

 

決めるのは いつも現場に いない人

 

 

確かに。偉い人は居ないものです。

 

効率化 兼務が増える 組織表

 

 

3つ4つは当たり前。

 

コンビニで カツ丼 ・ ドラ焼き お茶トクホ

 

 

出張先のビジネスホテルでテンション上がってやっちゃいますね。

 

カーナビよ 見放さないで 周辺で

 

 

すごいある!「案内を終了します」って…

 

気付いたら Siriと話して 1時間

 

 

SiriちゃんかわいいよSiriちゃん。

 

 

「一言で 言えば」の話が 一時間

 

 

「要するに」が要せていない人も多いですね。

 

 

俺よりも 役に立ってる 微生物

 

 

卑屈すぎだろ!

 

筆者もサラリーマンなので、それぞれの悲哀が手に取るようにわかります。

悲しいのがいっぱいありましたね。

 

歴代受賞作品の中でも筆者が好きなものを一つ。

 

連れ込むな! わたしは急に 泊まれない

 

 

なるほど笑 今後、気を付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

その他の人気記事

Please reload

Copyright © 2019 EPARK MEDIA PARTNERS, Inc. All Rights Reserved.

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • Twitter - White Circle

株式会社EPARKメディアパートナーズ