あの名作にも!? VR(仮想現実)がテーマの漫画をご紹介!

March 3, 2016

|

 

花粉辛すぎて辛いKです。

 

薬の力ってスゴイ、と思う今日この頃。

薬を飲んでいるので、今は全く辛くないです。

 

花粉症歴十年以上の筆者が色々な花粉薬を試してみて、

攻守最強の花粉薬は、ザイザルだなあとしみじみ。

もちろん、個人差はあるので、自分に合った薬を見つけましょう!

さて、今回はVR(仮想現実)をテーマにした漫画を

いくつか紹介してみたいと思います。

 

あの名作漫画にもVRが、、、!

■『コブラ』

記憶をなくした平凡なサラリーマンが、

「トリップムービー」をきっかけに、

記憶を取り戻し、宇宙海賊コブラとしての活躍を描いた

寺沢武一作、SF漫画の名作『コブラ』。

 

この漫画の冒頭、「トリップムービー」という、

体験者の見たい夢を見ることが出来るVR装置が登場します。

 

この漫画の連載開始が1978年、なんと今から38年前!

筆者が生まれる遥か昔の作品ですが、

その当時夢物語だったものが、もうじき実現されようとしているのは、

感慨深いものがありますね。

 主人公コブラ。カッコいい、、

 

 

COBRA 1 (MFコミックス)

■『ルサンチマン』

『ボーイズ・オン・ザ・ラン』でお馴染み、花沢健吾作のこちらの作品。

VRやオンラインゲームをテーマにした、近未来SF漫画です。

 

舞台は2015年、東京。

VRの技術はかなり進歩していて、

VRの世界をより楽しむために、自己破産する者も現われ、

社会問題に発展している様子も描かれています。

 

こんな感じ。

ちゃんとVRヘッドセットもつけています。

 

全4巻と読みやすいので、気になる方は是非。

 

 

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス) 

■『HUNTER×HUNTER』

主人公のゴンが、まだ見たことのない父親を探すため、

父親と同じハンターとなり、仲間たちとの絆を深める様を描いた冒険漫画。

作者は、『幽☆遊☆白書』や『レベルE』などの作品で有名な冨樫義博

 

この作品の中で、「グリードアイランド」という仮想世界が舞台のゲームが登場します。

RPGが大好きな作者ならではの設定の細かさも、

仮想世界と相まってすごくワクワクさせられます。

 

尚、絶賛休載中です…早く連載再開してくれ~

 

 

HUNTER X HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)

いかがだったでしょうか?

VRをテーマにした漫画作品は、

今回紹介したもの以外にもたくさんあります。

 

みなさんが読んでいる漫画の中にも、

VRが登場しているかもしれませんね。

Please reload

Recent Posts
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

その他の人気記事

Please reload

Copyright © 2019 EPARK MEDIA PARTNERS, Inc. All Rights Reserved.

  • Facebook - White Circle
  • YouTube - White Circle
  • Twitter - White Circle

株式会社EPARKメディアパートナーズ